顧客に価値を創造する

skypeskype

ニュース

何故チコ選ぶ?

お客様のご要望や、設置予定地の制約条件を踏まえて最も経済効率のいい太陽光発電システムをご提案します。

もっと知りたい!

ケース

設置実績、こちらへ

チコについて

弊社の製品、こちらへ......もっと知りたい!>>

産業新聞

2020年米国の太陽ソーラー市場に設備取付けが予期できない

Data:2020-03-19

米国はアメリカ州太陽ソーラー市場の中心として、全世界第三位の設備取付市場ではなくて、太陽ソーラー架台企業の主に開発市場のひとつです。2019年末、米国投資税収の相殺は間もなく期限が切れますので、2020年の米国市場に期待を抱えています。分析機関WoodMackenzieの見込みによると、2020年には米国が13.4GW公共事業規模の太陽エネルギーと5.1GWの小型太陽エネルギーを取り付けて、取付量は18.5GWに達すると予想する。

2020年米国の太陽ソーラー市場に設備取付けが予期できない

しかし、2020年新型コロナウィルス影響で、近日に米国大統領は、米国経済が衰退し、新型コロナウィルスが7月か8月まで続く可能性があると発表しました。これは、米国太陽ソーラー取付市場が四半期ぐらい延期する。この状況では、2020年米国太陽ソーラー市場見込みを調整する。市場関係者によると、太陽ソーラー架台及び設備部品含めの供給は疫病の発展による妨げ続いて、少なくとも7月中旬まで続きます。これは太陽ソーラー部品及び設備の供給周期が長くなりますので、供給が逼迫になり、太陽ソーラー製品価格
が高くなると予想が増加する、あるの市場関係者は米国ソーラー設備取付予期を2-3GW前後引き下げます。

中国は全世界太陽ソーラー架台及び部品の主要な供給国として、米国は部品企業の主要な輸出国の一つでした、しかし、米国は中国太陽ソーラー製品に対して二重対抗措置が激化しているため、2019年に中国部品の米国輸出はすでに歴史的な低水準にまで落ち込んでいます。

目前、米国が中国太陽ソーラに対して二重抵抗は5年ぶりの再審を行い、中国の太陽ソーラー製品に対する二重抵抗法令は終了する可能性がある。最近、米国太陽ソーラー協会(SEIA)はトランプ政府に全国140社以上の太陽ソーラー企業が署名した手紙を提出しました。201関税の調整を要求する、両面部品の関税を完全に免除し、太陽ソーラー電池の保障性関税を免除すること等を含め、SEIAは関税の調整が米国経済の発展に大きな利益をもたらすと考えています。そして2020年は米国総選挙の年で、経済の発展と各方面の支持が重要な要素であり、業界からの提案はトランプ政府に真剣に考慮させると信じています。多いのきっかけで、米国太陽ソーラー市場の扉が改めて開くかもしれない。


チコソーラーは効率的で柔軟性がある太陽ソーラー架台はたくさんあり、ここであなたをお待ちしております!お問合せをこころから歓迎しております!

上海チコ太陽エネルギーテクノロジー有限公司
チコソーラー       
アドレス:上海市嘉定区興文路680号  
メールアドレス:chiko@chikolar.com  電話番号:+86-21-59972267/59973712/59973713 
ウェブサイト:www.chikolar.cn     ファックス:+86-21-59972938

オンライン注文
連絡する