顧客に価値を創造する

skypeskype

製品

何故チコ選ぶ?

お客様のご要望や、設置予定地の制約条件を踏まえて最も経済効率のいい太陽光発電システムをご提案します。

もっと知りたい!

ケース

設置実績、こちらへ

チコについて

弊社の製品、こちらへ......もっと知りたい!>>

瓦屋根ソーラ架台

瓦屋根向けのソーラ架台
融通性が高い、住宅屋根によく使われています。各寸法パネルに適用します。国内で住宅建物にアスファルト瓦、瑠璃瓦、セメント製平板瓦、ローマ瓦、スペイン瓦とスレート瓦など良く使います。瓦の寸法を現場で測量できない場合は、瓦の種類を確認した上で、インタネットで寸法など調べ、瓦の寸法、特に厚さが架台システムのフックのサイズを決めていることです。
それにフックは母屋桁に設置するため、棟木と母屋桁の仕様、材質、間隔を確認することも必要です。瓦の下はコンクリートの場合、膨張型ボルトでフックを固定されます。母屋桁は木製の場合、木ネジでフックを固定されます。
準備作業の時、施工現場で瓦を開けて、屋根の構造を確認することが必要です、主に棟木と母屋桁の寸法、間隔を記録します。
別荘の太陽光架台は注意事項が多い、例え、屋根と瓦の角度と厚さ、桟木と垂木の厚さ、屋根の瓦によってフックの高さや角度も違います。万が一注意しないと、水漏れが発生する可能性が高いです。通常には工事経験が持っている会社に設置依頼します。弊社は瓦屋根太陽光発電架台の設置実績が多い、標準設計になりました。お客様に評判が良いです。

瑠璃瓦向け太陽光架台の設置方法:
1、屋根の設置面積を測量し、設計図面によって、フックを設置する。
2、フックを固定された後、母屋桁に部品を設置する。
3、太陽光架台の安定性と陽射の角度を確保のため、屋根と平行して設置する。

最新製品

  • Total 1 Page 1 Records
オンライン注文
連絡する