顧客に価値を創造する

skypeskype

ニュース

何故チコ選ぶ?

お客様のご要望や、設置予定地の制約条件を踏まえて最も経済効率のいい太陽光発電システムをご提案します。

もっと知りたい!

ケース

設置実績、こちらへ

チコについて

弊社の製品、こちらへ......もっと知りたい!>>

産業新聞

日本は「エネルギーの自己消費」を提唱しています。チコソーラーの「品質+実力」は激しく変化している太陽光架台市場に対応しています。

Data:2020-03-10

疫病が世界的に蔓延するにつれて、最近は3-4月にヨーロッパ、米国、韓国などで予定されていたエネルギー展示会が相次いでキャンセルされたり、延期されたりして、業界全体の活動カレンダーが空白になっています。世界最大のエネルギーサミットの一つであるケンブリッジエネルギーウィーク(CERAWeek 2020)は、新型コロナウイルスの発生を懸念して中止を宣言しました。4月に韓国大邱で開催される予定だったグリーンエネルギー展(Green Evergy Expo)は7月に延期されました。再生可能エネルギーや他のグリーン技術を展示するアテネ貿易展も3月から5月下旬に変更されました。同じく疫病の影響で先週東京で行われたPV EXPO 2020は少し寂しいです。昔のにぎやかさはなくなったり、一部の出展者は「無人ブース」を採用し、「接触ゼロ」として展示している。晨科太陽光は世界トップの太陽光架台メーカーとして、従業員の健康を第一にし、今回のPV EXPO 2020の出展をキャンセルしました。

日本ニュースによると、太陽光発電業界にとって、補助金(FIT)制度が徐々に終了している背景に、ビジネスモデルの変化が最も注目されている。展示会主催者によると、エネルギー「自己消費」は今回の大型ブースのキーワードとなっている。

近年、日本政府はFIT補助金の規模を縮小しており、2019年末には、日本で初めて53万戸の家庭がFIT補助金に別れを告げました。2月初め、日本経済産業省は2020年FIT価格を発表しました。このうち、10 kW以下の家庭用太陽光発電の価格はキロワット時当たり21円で、2019年と比べて3円ほど減少しました。

50 kW-250 kWは12円で、25 kW以上は競売に参加しなければなりません。分析者によると、日本の太陽エネルギー市場は大きな変化が起きており、補助金政策により駆動される大型地上発電所の開発より、分散式の太陽光発電が市場の人気を集めており、ますます多くの家庭用、商業用屋上の加入が自発的な自家用、電気販売業務の発展を刺激し、家庭用太陽光発電+エネルギー貯蔵システムの応用シーンがより広範になるという。これはチコソーラーのような太陽光架台メーカーにとって、大きなチャンスです。

近年、チコソーラーはずっと積極的に日本太陽光発電市場を開拓しています。会社が設立された時、日本市場はすでに小さい成果を収めました。現在、チコソーラーは日本の販売代理店、代理店会社と相互に協力して、太陽光架台の製品を日本市場で名声が高くなりました。日本太陽光発電協会の統計データによると、日本の住宅用太陽光発電モジュールの出荷量は2019年に1066 MWに達し、6%以上増加した。現在の日本太陽光発電市場については、日本政府はFIT補助金の料率を徐々に引き下げており、市場ではコストパフォナンスが良い方案が必要で、発電所の収益を確保しています。チコソーラーの効率的な太陽光架台の解決案、コストと発電の方面ですべて著しい優位を持って、非常に市場のニーズに応えています。

市場コンサルティング会社のRTSCorporationによると、2030年までに日本太陽後発電規模は150 GWに達すると予想されています。同社のマネジャーのイズミカズカ氏は、日本の都市部では人口が密集し、電力消費の需要が旺盛だが、山間部に多いなどの地理的条件によって制限されており、「都市部では太陽光発電所の建設が難しい。風力エネルギーの発展空間は限られています。北方地域は地理的には良いですが、送電線が不足しています。太陽エネルギーはどこにでもありますので、町も屋根がたくさんあります。チコソーラーの高効率な太陽光架台は、屋根と地面の両方をカバーします。また、チコソーラーは日本の山岳地帯に対しても山地太陽光架台を導入しています。このシステムの最大の特徴は山地環境のために設計されています。傾斜設置が可能で、風に対する抵抗力は60 m/sに達することができます。雪の荷重能力は1.8 KN/㎡に達することができます。すべての部品を事前に仮組み立て、現場での切断と溶接を必要としないで、完璧な省人件の方案です。

日本の関連政策はエネルギーの自己消費を激励する。2020年4月から、50 kW以下の太陽光発電システムは、太陽光発電の一部を配置し、「自己消費」する必要がありますが、以前は、すべての発電量が電力網に販売されていました。
 
現在市場は変化しています。FIT制度によって駆動されるモデルから、自己消費のビジネスモデルに変化しています。
 
市場は永遠的に優勝劣敗で、適者は生存して、チコソーラーはこう信じています、“品質が第一”に基づいて、努力して絶えず自身の技術の実力と生産力を高めて、変化し続いている市場のニーズを応えることができます。

上海チコ太陽エネルギーテクノロジー有限公司
チコソーラー       
アドレス:上海市嘉定区興文路680号  
メールアドレス:chiko@chikolar.com  電話番号:+86-21-59972267/59973712/59973713 
ウェブサイト:www.chikolar.cn     ファックス:+86-21-59972938
オンライン注文
連絡する