顧客に価値を創造する

skypeskype

ニュース

何故チコ選ぶ?

お客様のご要望や、設置予定地の制約条件を踏まえて最も経済効率のいい太陽光発電システムをご提案します。

もっと知りたい!

ケース

設置実績、こちらへ

チコについて

弊社の製品、こちらへ......もっと知りたい!>>

産業新聞

日本の太陽光架台設計する時の考え

Data:2020-05-13

チコ、日本でのプロジェクト
日本の太陽光架台設計する時の考え

先ずは、日本の緯度のスパンが大きい(25度から45度まで)が、全国的に太陽光架台の組立を採用して角度が30度より小さい設計をしています。
 
一つは日本本土の資源が不足しているため、太陽光発電所の設計では、大きな装備機の容量を使って、発電量の増加を追求しています。

一つは日本は大多数の国と違って、地面から受け取った太陽光の中で、光が散乱する部分が多いので、角度が小さくするのが最適です。発電量の損失を引き起こすのはそんなに顕著ではない、こう考えると小さな角度が使われます。しかし、緯度の比較的北の北海道では太陽光架台30度場合もあります、主に冬パネルでの雪が自重滑りできると考えます。
 
一つは、2列の縦置き型を使うことは、工事の便利さと自然降雨と雪滑り効果を考えしています、2例縦置きの太陽光架台システムは工事に便利、パネルの最高点は高すぎることはありません。
 
施工者は地面に立って全ての部品を取り付けことができて、工事時間を大幅に節約し人事費用が高い日本では、発電所の施工コストを大幅に削減しました、また、縦置き型はパネルガラス面とアルミフレーム断層差を縦置き型の2倍にし、自然降雨の洗浄効果と雪滑り効果が横置き型に優れています、塩が多い海岸に近い地域では特に優れています。


世界トップ太陽光架台メーカーとして、チコソーラーは1000MW屋根太陽光架台と1200MW地面太陽光架台の生産規模を持っています、まだ、40個以上の国内外特許を持っており、厳格な製品品質体系と完璧な設計、設置技術規範を持っています。チコソーラーが自主的に開発した太陽光課題システムと関連商品はすでにTUV、UL、AS/NZ 1170.2、ISOなどを通じて認証されました。チコの製品の品質は世界で通用します、時間とユーザーの検査に耐えられます。

上海チコはお客様の希望によって各種類の太陽光架台システムが設計できます。お気軽くにお問い合わせください。


上海チコ太陽エネルギーテクノロジー有限公司
チコソーラー       
アドレス:上海市嘉定区興文路680号  
メールアドレス:chiko@chikolar.com  電話番号:+86-21-59972267/59973712/59973713 
ウェブサイト:www.chikolar.cn     ファックス:+86-21-59972938
オンライン注文
連絡する