顧客に価値を創造する

skypeskype

ニュース

何故チコ選ぶ?

お客様のご要望や、設置予定地の制約条件を踏まえて最も経済効率のいい太陽光発電システムをご提案します。

もっと知りたい!

ケース

設置実績、こちらへ

チコについて

弊社の製品、こちらへ......もっと知りたい!>>

産業新聞

2030年太陽光発電コストが5~6円/ kWhになります。

Data:2020-03-04

非営利智庫再生可能エネルギー研究所の「日本現状と未来展望」によると、2030年までに、日本の太陽光発電のコストは、現在の15.3円(0.14ドル)から5.00~6.00円(0.047ドル~0.056ドル)まで大幅に下落する可能性がある。
2030年太陽光発電コストが5~6円/ kWhになります。
報告によると、現在の日平均電力取引価格と比べても、この価格は十分に安く、これは補助金がなくても、太陽光架台やモジュール技術が競争力のある価格水準に達する可能性があることを証明している。報告書は「日本の地理的特徴に適合した設計と設置方法及び新たな管理方法を開発できれば、さらなるコストダウンの可能性がある」と述べた。

同研究所はソフトバンクの孫正義社長(Masayoshi Son)が創立し、太陽光発電所の約1,676社の運営者を調査し、調査したプロジェクトの容量は50キロワットから2メガワットまでで、累積容量は89メガワットを代表する。研究者によると、モジュールのコストが大幅に下がったため、2017年から2018年にかけて、ハードウエアのキロワット単位あたりのコストが大幅に下がった。

報告書に記載されている以下の原因は2030年の発電コストを5.00円から6.00円の間に見積もる:
 
●ハードウェアコストの低下、例えば太陽光発電モジュールの単位コスト。
●太陽光モジュールの発電効率の向上により、太陽光架台システムのコスト、設置コスト、地上準備コストの低下により、地上準備が必要な土地面積とキロワットあたりの発電設置数が減少する。
●低効率取付方法を採用しており、これは現在の取り付け方法の中で最もコスト効果があるものです。
●電気網接続コストについては、コスト効果のある専用回線を使用しているため、接続作業の単価は一致している傾向がある。
●適切かつ効果的なモニタリングシステムは、運営・維持コストを低減し、除草方法の技術進歩により、太陽光架台及びモジュールの設置がより効率的になる。

報告書の著者は「しかし、市場上の太陽光発電の増加は市場全体の価格下落を招く可能性があると警告している。太陽光発電が本当に独立した役割を果たす可能性を研究するためには、電力供給と需要を考慮した市場分析が必要です。」

巨大なコスト潜在力があるにもかかわらず、現実的には、日本の太陽光発電コストは世界レベルよりはるかに高く、世界レベルでは、太陽光発電のコストは通常化石燃料と同じ価格になっているが、2030年には日本はすでに予想されるコスト水準に達する。今日は他の多くの国があります。日本の高価な一般概念は、膨大な管理とネットワークコストである。同研究所は、光起電力サポートシステムの設計が、インターネットによる電気価格補助金(FIT)計画の下で太陽エネルギープロジェクトの設定期間を開始することを保証するための政策水準を変更するとともに、定期的に発電コストを審査することを提案しており、政府に対して、国のエネルギー構造に関する正確な措置を取るよう指導する。

私達は引き続き効率的な太陽光架台の解決策を提供します。チコソーラーはここでお待ちしております!お問合せをこころから歓迎しております!

上海チコ太陽エネルギーテクノロジー有限公司
チコソーラー       
アドレス:上海市嘉定区興文路680号  
メールアドレス:chiko@chikolar.com  電話番号:+86-21-59972267/59973712/59973713 
ウェブサイト:www.chikolar.cn     ファックス:+86-21-59972938
オンライン注文
連絡する