顧客に価値を創造する

skypeskype

ニュース

何故チコ選ぶ?

お客様のご要望や、設置予定地の制約条件を踏まえて最も経済効率のいい太陽光発電システムをご提案します。

もっと知りたい!

ケース

設置実績、こちらへ

チコについて

弊社の製品、こちらへ......もっと知りたい!>>

産業新聞

インドの太陽光架台産業は、関税政策のウィンドウ期間の到来

Data:2021-09-01

長い間、インドはほとんどの太陽電池とモジュールを中国から輸入してきました。 地元の製造業を応援のため、輸入製品への依存を減らし、自社部品の競争力を高めるために、2020年7月、インド財務省は輸入ソーラーセルにセーフガード義務(SGD)を課す通知を発行しました。ステント、2020年7月以降2021年1月30日から1月29日まで、中国、タイ、ベトナムから輸入されたすべてのソーラーセルとモジュールに14.9%のセーフガード義務が課され、上記の輸入品に14.5%が課されます。 2021年1月30日から2021年7月29日まで保証税を請求される。 これは、チーコーソーラーなどのソーラー架台メーカーにとって間違いなく大きな課題です

 インドの太陽光架台産業は、関税政策のウィンドウ期間の到来

現在、SGD政策は2021年7月29日に失効し、ソーラーパネル架台の新しい基本料金BCDは2022年4月1日に実施されます。つまり、太陽光発電モジュールの料金は40%、太陽電池の料金は25%です。インド市場の中国の太陽電池モジュールは、8か月の免税期間の到来すること。 現在、インド政府はSGDの関税政策を延長するかどうかについてまだ声明を出していない。
 
プロジェクト開発者は、プロジェクトの建設とグリッド接続をスピードアップするためにセーフガード料金をキャンセルしたいと考えています
 
現在、インドの太陽光架台のコストは、プロジェクトの総コストの50%以上を占めています。CrisilRatingsによると、2020年3月以降、1ユニットあたり2.50ルピー未満の低価格で12のGWプロジェクトが入札されています。 プロジェクト開発者は通常、オークションにかけられてから9〜12か月後に関連コンポーネントを購入します。これらのプロジェクトがコンポーネントの調達段階に近づくにつれて、価格が急激に上昇します。購入価格が入札予想価格よりもはるかに高い場合、プロジェクトの収益率は低下します。特定のプロジェクトにつながる可能性があります一部のプロジェクトは延期または放棄されます。
モジュールの価格は6月に1ワットあたり0.24米ドルに急アップし、1月から10%上昇したと報告されています。 インドの太陽光発電開発業者は、価格の上昇により、プロジェクト建設の進捗が鈍化していると述べました。 ラジャスタン太陽エネルギー協会の幹部は、次のように述べています。「モジュール価格が30%〜40%上昇したため、多くのプロジェクトは進行遅い。プロジェクトは一定の利益を維持する傾向がありますが、モジュール価格が40%上昇すると、プロジェクトのメリット料金はすでにごくわずかです。保証税のキャンセルにより、プロジェクトの建設とグリッド接続のプロセスがスピードアップすることが期待されます。
 
インドの製造業者は地方自治体に一時的な関税措置を策定することを望んでいる
 
プロジェクト開発者とは違って、インドの太陽光ブラケットメーカーは、BCDポリシーが発効する前に政府が一時的な料金を導入することを望んでいます。 多くの人々は、この保護措置がなければ、地元の製造業者がより大きな開発の余地を持つことは難しいだろうと信じています。 現在、インドのソーラーモジュールの80%以上が中国から輸入されており、国産のモジュールは価格が高いため競争に不利になっています。
 
インドのGoldiSolarの共同創設者兼ディレクターであるBharatBhut氏は、次のように述べています。
 
開発者がソーラーパネル架台を購入するためには、免税期間が非常に重要です
 
今年もシリコン材料の価格が上昇し続け、セルやモジュールの価格も上昇しているため、中国のモジュールメーカーは、初期にインドの太陽光発電開発者と締結した価格で契約内容を履行することができませんでした。中国のサプライヤーロンギなどはすでにインドの太陽光発電開発業者と協力しており、価格交渉が行われた。 一時的な関税措置が実施されれば、セルとコンポーネントの価格は上昇し続け、プロジェクトの利回りはさらに低下します。以前に署名されたプロジェクトの多くは放棄のリスクに直面し、再生可能エネルギーを達成するというインドの目標を遅らせます。
暫定関税政策がない場合、インドのEPC企業は、このウィンドウ期間に比較的安価で高効率の太陽光発電モジュールを購入する可能性があります。インドへの中国の太陽光発電モジュールの総輸出量は、今後8か月で増加する可能性があります。


上海チコ太陽エネルギーテクノロジー有限公司
チコソーラー       
アドレス:上海市嘉定区興文路680号  
メールアドレス:chiko@chikolar.com  電話番号:+86-21-59972267/59973712/59973713 
ウェブサイト:www.chikolar.cn     ファックス:+86-21-59972938

オンライン注文
連絡する